性病は銭湯でうつる?うつらない?

露天風呂の岩場におかれた桶いろいろな病気がある中で、とくに自身の身に起きる可能性があるとして心配なのは風邪や感染症はもちろんですが、性病もその中のひとつだと思います。
性病は、性行為の経験のある方なら誰でもかかりうる可能性がありますし、知識は抑えておきたいでしょう。そこで、まず、銭湯で感染するのかについてです。
銭湯では、裸になる場所ですし、イスに服も何も着ず座る、同じお湯の中に入るわけですので、感染しそうな感じがあります。しかし、感染する可能性は低いです。
まず、性病とは、性行為で感染するものであるため、空気感染や飛沫感染ではなく、血液感染か粘膜感染ということになります。ですので、感染は難しいということになります。
イスなどに体液がついて、それが触れてうつる心配もありますが、銭湯では、高温でのお湯を使用しますので、菌が死滅します。温泉の中も同様です。ですので、感染は、しないということになります。
血液感染がおこりうる可能性のある性病は、カミソリなどなので、カミソリをいっしょに使うことはしない方が良いでしょう。また、同じタオルでも、感染力は低いですが、気分的な問題で避けた方が良いでしょう。
もう一つは、遺伝です。遺伝である性病は、ありません。母子感染としては、HIVと先天梅毒というものが挙げられます。
しかし、これは母子感染ですので、遺伝とは異なります。出産の際に母体となるお母様がきちんとした処置をして対応していれば、感染を防ぐことも出来ます。
お母様が、性病にかかりそのままの状態で出産をした場合、肺炎なども病気を引き起こす可能性もありますので、きちんと治療することが大切となります。出産だけでなく、胎盤から血液中に入り、胎児へと移行されるものもありますので、必ず治療が必要です。