性病の悩みとその解決方法

性病は、性行為から感染するケースが高く、男女問わずかかる病気です。
性病にかかると、恥ずかしさや不衛生と思われて敬遠される人もいます。
原因の多くは、避妊具を付けていない事が多く、病原菌を男女どちらかが持っているためです。
性病は、やはり性的な病気のため、症状が大きくなってから病院へ行く人が多いです。
しかし、早期発見で対処しないと、症状が進行していき悪化してしまいます。
また、性病の種類も豊富であり、症状もいろいろあり深刻な悩みとして現代病の一つに挙げられます。
街中を散策しているカップル性行為から感染する以外に、キスだけでも感染する場合があり注意が必要です。
性病の潜伏期間もそれぞれ違い、感染が広がる事で治療の方法も違ってきます。
性病は、感染から発病までは、分かりにくい場合があり一定の潜伏期間が無症状の場合が多いようです。
そして、一定の期間が過ぎると発病していき男性は、性器から膿のような分泌物、排尿時の傷み、違和感が疾患として表れてきます。
女性は、下腹部が痛み、おりもの増加、不正出血などの症状が表れてきます。
排尿時の痛みはつらく、放出した後には、残尿感が残る人も多いです。
違和感が続けば、普段の仕事や生活に集中できなくなり不便になります。
また、女性は、性器から強い悪臭を放ち、おりものも多く出てきます。
放置しておくと、不妊の原因になる場合があるので早い対処が望まれます。
病気の潜伏期間は、疾患により2、3日から1週間、また1年間から3年間などの性病もあるようです。
もし、疾患の症状を感じたら専門医院で検査を受ける事がベストになります。
治す方法として、疾患用の治療薬があり効果、対処が期待できます。
薬を患部に塗る方法が多いですが、飲んで治す薬も効果的です。

性病検査が自宅でできるようになった

日本でも、ヘルペス、クラミジア、コンジローマなどの性病の悩みを抱えている人は多いです。
特に、若年層や、未成年の子供の中にも性病の疑いがある人もいますが、大きな問題があります。
それは、病院へ行きたくないと思ってしまい、病気の発見が遅くなってしまう事です。
とてもデリケートな問題なので、人に知られたくないと思うのは当たり前の事ですが、親元で暮らしている子供にとっては、身内にも知られたくないと考えるでしょう。
自宅前のポスト現在では、性病検査は検査キットを使えば、誰もが自分で調べる事ができるようになりました。
各自治体にもよりますが、自分で検体を採取した後、匿名で保健機関に送り、検査結果は親展で郵送してもらえるところもあります。
また、より詳しい検査、特定の病気に特化した検査を受けたいと考える人は、薬局やネットショッピングに自己検査できる検査キットが販売されています。
喉への感染を調べるものや、血液を調べるものなどがあり、金額は平均して9000円前後かかりますが、自分自身で調べられ、結果を他人に知られることはありません。
薬局へ行くのに抵抗がある人は、インターネットショッピングサイトを利用しましょう。
ポイントなどを使用すれば、定価以下で検査キットを購入できる可能性もあります。
また、ショッピングサイトによっては、性病検査キットや生理用品など、人目に触れたくない商品は、中身が分からないように梱包してもらえるところもあります。
そして、自宅に郵送するのではなく、コンビニや郵便局へ郵送してもらい、取りに行けば身内に性病の事を話す必要はありません。
周囲に感染者がいると、心配させてしまう病気ですが、早期発見が大切です。
また、検査キットで異常が出た場合は、恥ずかしがらず、病院へ行きましょう。

性病は治療薬で治すことができます

ソファで彼女の肩に手を回している男性性病は現在でも決してなくならない病気です。
特に最近は若年層にまで性病が広がっており、コンドームの使用など性病に感染しないための対策が求められています。
しかし残念ながらまだまだ性病感染予防に対する意識が低い人も多く、また予防のためにはパートナーの協力も不可欠なため、心ならずも性病になってしまう人も少なくありません。
もし性病に感染した疑いを感じたら、早期に医療機関を受診しましょう。
性病は放置しておいても治る病気ではありません。
それぞれの原因に応じた対処をしない限り、事態は悪化するばかりなのです。
また症状に気が付かない場合も多く、そのようなケースではパートナーにまで感染を広げてしまう可能性があります。
パートナーが発症してしまうとそれまでの関係にもひびが入りかねませんので、早急に治療を受けることが必要です。
性病の治療では主に薬が用いられます。
ウイルスや菌、あるいは原虫などさまざまな病気の原因に応じた薬を投与して症状を抑えるのです。
ヘルペスウイルスにはバルトレックスやゾビラックス、クラミジアにはクラビットやジスロマック、カンジダを治すにはニゾラールなどが挙げられます。
最近は薬もインターネットを利用して個人で購入できるようになっているので、病院へ行く時間が確保できないというほど忙しい人はそれらを利用するのもひとつの方法です。
例えば、他人に性病のクラミジアになったことを隠したくてこっそり治療したい場合、通販ならジスロマックを簡単に購入できるでオススメできます。 ただし薬の通販サイトで購入できる薬は日本では未承認だったりするので、使用して出た影響に関してはすべて自己責任となります。
またなかには悪質な業者もいるので、その点に関しても注意が必要です。
さらに上記で記したように病気の原因はさまざまであり、それに応じた薬を飲まなければ意味がありません。
したがってまずは医療機関を受診して専門医の診断を受けることが大切です。
特に既往症があってすでに薬を飲んでいる人や、アレルギー体質の人はまず専門医に相談しましょう。

あわせて読みたい記事